読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びっくりするほどWebライター

薄毛のWebライターが、ライティングのやり方を教えるよ!

ブログが書き出せない人たちに送る「書き出しパクリ大作戦!」

f:id:sbtimon:20151223180858j:plain

こんにちは。ちもんです。


ブログが続かないと悩んでいる人に、僕は「文章は一行目さえ書ければ何とかなる」とアドバイスをしています。

sbtimon.hatenablog.com

やり方を実践して見せると、大体は納得してもらえるのですが、それでも解決できない場合があります。

 

「その一行目が書けないんだよ!」

そう、一行目が書けないならこの方法って意味無いんですよね。
どうやって書き始めればいいのかがわからなければ、文章を書くことができないんです。

僕の場合はどうやっているのかを解説していきます。
名づけて「書き出しパクリ大作戦!」

■書き出しパクリ大作戦とは

不穏な作戦名ですが、まずは試してみてください。
手法はこうです。
雑誌などから、文章の書き出しだけもらって単語をひとつひとつ変更する。
変更する単語は、今日あった出来事に寄せてもいいし、自分の持ってるノウハウや旅行した思い出に寄せても構いません。
一行目が完成することが目的ですから。

 

ちょうど手元に「劇場版ガールズ&パンツァー」のパンフレットがあるので、その最初のページの1行目で実践していきましょう!
元の文はこちらです。

 

正直なところ、これを書いている今(公開の10日前です)、映画はまだ完成しておりません。

 

この文章を、そうですね、今週末の旅行について寄せて変更していきましょう。

 

正直なところ、これを書いている今(旅行3日前です)、行き先は決まっておりません。

 

これで一行目完成。
ここからは、「書き出せば何とかなる理論」を使ってそこそこ面白い記事を書いていけばいいんです。
今回の例だと「いつ」「どこで」「何を」「誰が」が情報として提示されているので、「なぜ」「どうやって」がわかる文章を続ければいいわけですね。

他の文章でもやってみますか。
ダ・ヴィンチ2012年8月号、62ページの1行目をパクってみましょう。
元の文章はこちら。

 

昨年、「三谷幸喜誕生50周年大感謝祭」と自ら銘打って、舞台、映画、ドラマの新作を立て続けに発表した三谷幸喜さん。

 

では、これも僕の今年一年の旅の記録に寄せて書き換えていきます!

 

今年、「ちもんブラック企業退職記念旅行祭」と自ら銘打って、青森、秋田、北海道と立て続けに長期旅行を繰り返した僕

 

一行目完成です。
「いつ」「どこ」「だれ」「何」「何故」が情報として出ているので、「どうやって」と「その後」を書くことができますね!
簡単でしょ?

 

■どうして簡単に書けるの?

試してみればわかるのですが、パクってきた文章は万能に使うことはできません。
ガルパンの一行目を使って、ノウハウを紹介するのは難しいですし、ダ・ヴィンチの一行目で今日の朝ごはんを描写するのは僕には不可能です。
どうして簡単に書けるかのヒントは、ここに隠されています。

何も無い状態から、新しいものを創り出すことほど難しいことはありません。
出来ることが限られると、そこから「どんなことが出来るかな」と思考が始まるのです。
パクってきた文章の単語を入れ替えて表現することが出来る「思い出」や「予定」「紹介できるノウハウ」は限られてきます。
それがヒントになって、自分の奥底に潜んでいた想いが引き起こされます。
今まさに引き起こされた新鮮な「記憶」や「感情」なので、素直に文章にすることができるのです。

 

■てかパクリってダメじゃん

雑誌から文章をパクってくるって問題なんじゃない?と思う方に言い訳しておきます!
パクリの定義はわかりませんが、僕は、内容と表現方法が違っていた場合、それはパクリに当たらないと僕は思うんです。
それがパクリと定義されてしまったら、日本語の文法の全てがパクリになってしまうはずです。
だって、内容が違って表現も違ったら、それはもう違う文章ですよ!
それをパクリと言ってしまうと、
今回の書き出し「こんにちは。ちもんです。」だって「こんばんは。ラッシャー木村です」と同じ文法ですから、パクリと言うことになってしまうんですよ。
だから、安心して使ってください。
もちろん、単語を変更しなければ、パクリになってしまうので、しっかり気をつけて使用して下さいね!