読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びっくりするほどWebライター

薄毛のWebライターが、ライティングのやり方を教えるよ!

暑い夏は、熱いヒーローで燃えよう!

今週のお題「読書の夏」

 

f:id:sbtimon:20150809152419j:plain

 

基本的に読書好きの僕ですが、最近読んだ本と言ったらビジネス書やら自己啓発本やらばかり。

素敵な想い出とかそういうのとはかけ離れているので、ここで紹介するのは憚られます。

他になんか読んだかなぁと、色々考えてみたところ、あったあった読んでました。

 

週刊少年ジャンプで連載中の「僕のヒーローアカデミア」です。

ということで邪道ですが、漫画を紹介させていただきます!

 

 

ヒーロー見習い達の群像劇

この漫画の魅力は何と言っても『個性的』な登場人物です。

登場人物はみな特殊能力を持っているのですが、それをこの世界では『個性』と呼んでいます。

自分の汗を爆破したり、触った相手を浮かしたり、蛙だったり、超くっつく球が頭から生えてきたり、とにかく色んな個性が登場し登場人物はそれらを駆使して戦うのです。

 

とはいえ、そんな特殊能力なんてなくてもキャラは十分個性的です。

僕が一番好きなキャラクターは、主人公のライバル爆豪勝己。

素行は不良で『糞を煮込んだような性格』ですが、研究熱心で相手の実力は素直に認め、追い越すための努力を怠らないという複雑な性格が、要所要所でしっかり描写されていて、とても魅力的です!

 

 

主人公の成長譚

もちろん、主人公緑谷出久も大好きです。

彼の魅力は、その成長にあります。

『無個性』で産まれながら、それでもヒーローになる夢をあきらめない緑谷少年。

しかし、彼は夢を実現させるための行動をしていませんでした。

 

ただただ、『ヒーローになりたい』と思うだけ。

あきらめない姿勢は素晴らしいのですが、ヒーローになれない原因を『無個性』に押しつけているとも言えます。

 

物語が進み、なんやかんやで個性を手に入れた緑谷少年。

個性を使いこなすために努力を続けるうちに、彼は無理難題に立ち向かう力を手に入れます!

 

「このままじゃヤバい。それならば…!

 

この成長は明確に描写されたものではありません。

しかし、読んでいると緑谷少年の成長が見えてくるのです。

個性を使わずに相手と渡り合うシーンがあるのがその証拠。

努力すれば、無個性のままでもヒーローになれたんじゃないかと思います!

 

 

最高にカッコイイヒーロー、オールマイト!

そして忘れちゃイケナイ、No1ヒーロー!

ポップながら少年漫画らしい画風の作品中、唯一濃ゆいアメコミ風の絵柄で登場するヒーロー。

その名もオールマイト!

アメコミ画風はギャグかと思いきや、ピンチの場面で見るとその頼もしいこと頼もしいこと!

こればっかりは、僕の文章で描写するのはむずかしいです!

是非、手にとって読んでみてください!

 

 

僕のヒーローアカデミア 1 (ジャンプコミックス)

僕のヒーローアカデミア 1 (ジャンプコミックス)