読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びっくりするほど文章こーざ

旅行好きな副業ライターがブログの書き方おしえるよ!

ちもんさんはどうして1ヶ月に20本以上も薄毛の記事を書けるの?

文章講座 ライター ハゲ

「専門ライターって、何度も同じ記事書いて被らないの?」
「同じテーマで50本書いてほしいっていう依頼が来たんだけど、どうすればいい?」
そんな疑問に、薄毛ライターがお答えしましょう!
 

僕は兼業ライターとして毎月約5万円くらいの収入を目標に仕事をしているのですが、その仕事のほとんどが薄毛に関する記事です。
いわゆる専門ライターというわけですね。
専門ライターは、記事における調査をかなり削減できるため執筆にかかる時間が短縮できるという面で便利なのですが、その性質上、何度も何度も同じ内容の記事を書くことは避けられません。


そのことで最初はひどく悩みました。
今まで書いた記事を読み返して、文章に被りがないかチェックして・・・
調査時間が削減できても、チェック時間が長くなってしまい、結局は割に合わない仕事になったことも何度もあります。
しかし、あることに気づいてからはチェックにかける時間はほとんど無くなったのです。
今回は、その「あること」をみなさんに紹介しましょう!

 目次

視点を変える前に頭部への視線を逸らしてみろよハゲ

結論からお話しすると、「あること」とは「切り口や視点を変えれば内容が同じでも記事は被らない」ということです。
世の中には無数の視点があります。
同じ薄毛でも、若ハゲもいれば壮年性もいます。女性だっています。
それぞれの視点に立って記事を書けば、同じ内容でも無数の切り口で記事が生産できるというわけです。



視点を変えるというと、
「ハゲのくせにカッコつけやがって!」
とか
「記事の視点を変える前に、頭部への視線をそらす方法を考えた方がいいんじゃないですかねぇ
とか思われるかもしれませんが、そんな大層なことはしていないのでご安心ください。

実はその方法はいたって単純なんです。
導入部の1行目さえ変えれば違った切り口の記事になるのです!

極端な話、Webライターにおける視線とか切り口とかは導入部の1行目に等しいと言っても過言ではありません。
その理由は、<1行目は『誰に向けて書くのか』『何故それを書くのか』につながる文章だから>です。
同じ育毛剤Aの成分を説明する記事でも、

  • 最近髪が薄くなってきたという方にオススメしたいのは、何といっても育毛剤Aです。
  • 育毛剤Aを使っても、ちっとも髪が生えてこないという方はいませんか?

この2つの導入では明らかに視点が違いますよね。
内容は同じであっても、受ける印象がまったく違うはずです。
専門記事はこうやってできているのです!

僕の個性的な頭には著作権が発生するかもしれない

ここで問題になってくるのが、著作権です。
文章には著作権が存在します。
例え一文であっても一字一句同じ文章があったら、著作権の侵害を訴えられるかもしれません。
実際、クライアントさんの中はWebツールを利用してネット上に同じ文章が存在しないかチェックしている方も少なくありません。
自分が書いたと証明できる署名記事ならともかく、匿名記事の場合はどうしたらいいのでしょうか?

実は、何も心配する必要はありません。
著作権とは、著作物にのみ与えられる権利です。
著作物として認められるのは『創作者自身の考え方や感情などが表現されているかどうか』が重要であって、誰が書いても同じ表現になってしまうものについては著作権の保護対象にはなりません。
したがって単なる事実だけを書いた文は、著作権の保護対象外となるのです。

例えばレシピです。
「卵を溶く」「弱火で2分煮込む」などの手順は、誰が書いても同じような内容になりますよね?
そのため料理のレシピはいくら自分で考えたものといえども、著作権の保護対象にはなりません。
同様に、
『5αリダクターゼが作用するとテストステロンがジヒドロテストステロンへと変わり薄毛を促進させる』
という文章も単なる事実を書いただけなので、著作権は発生しないことになります。
ちなみにこの文章、微妙に言い回しは違うかもしれませんが、僕はもう100回は書いたと思います!
実は僕は「この文章を1回書くごとに10本髪が増える」という呪いにかかっていたらいいのに。
 

もちろんコラム記事など筆者の考え方が関連してくるものについては別ですが、基本的には専門ライターは著作権を気にせずに書いても問題ありません。
クライアントさんに突っつかれたら、そう答えましょう。
あと、その根拠にこのブログを使うと炎上する恐れがあるので、ちゃんと著作権を説明した別のサイトを根拠にしてくださいね!
ちもんさんとの約束だよ!

 

まとめ

  • 専門ライターが何度も同じ記事を書ける理由は『視線・切り口』を変えているから
  • Webライターにとって視線を変えるとは、1行目を変えることとほぼ同じ
  • 著作権著作物のみを保護する権利なので、事実をそのまま書いた文章は含まれない

 

ちもんさんが著作権について調べるのに使うサイト!

公益社団法人著作権情報センター CRIC

www.iprchitekizaisan.com

www.j-cast.com



 

ちもんさんが高収入のライターになるために意識してること。

ライター 文章講座

f:id:sbtimon:20161029195717j:image

webライター界隈で頻繁に話題になるのが文字単価です。
1文字につき何円での依頼を受注しているかは収入に直結するわけですから、他人がどのくらいの単価で仕事を受けているのかが気になるのは仕方ありません。
しかし、文字単価がいくら上がっても調査や画像選択に時間がかかっては元も子もありません。

いくら文字単価が高くても時給換算だとバイト未満になってしまうことだってあるのです。


大切なのは文字単価より時間単価だと僕は思います。
もちろん時間単価を上げるのに最も手っ取り早いのは文字単価を上げることなのですが、それしか手段が無いわけではありません。
そこで今回は、時間単価を上げるために僕が使っている手法を紹介してきましょう!

 

タイピング速度を上げる


時間単価を上げるには、執筆の速度を上げるという方法もあります。
特にタイピング速度を上げることは執筆スピードに直結するため、上げるに越したことはないでしょう。
しかし、タイピング速度を上げるメリットはそれだけにとどまらないのです。

 

タイピング速度はガツガツ稼ぐライターでもあまり意識する方がいない分野です。
タイピング速度が上がったとしても、時間単価は2倍3倍にはならないからです。
タイピングが2倍のスピードになったとしても執筆速度はせいぜい1.2倍が限度。
1時間で1000円稼げたのが1200円になる程度です。

しかし、文字単価が2倍になったらどうでしょう?
1時間で2000円の稼ぎだったのが2400円に変わります。
文字単価が3倍になれば?4倍になれば?
そう、タイピング速度の向上は単価が増えたときにこそ最大限に発揮されるのです。

僕はこれを界王拳の法則」と呼んでいます。


界王拳とはドラゴンボールで悟空が使う技の一つ。
これを使うと、使っている間だけ戦闘力を2倍、3倍と倍増させることができるのです。
元の戦闘力が6000の悟空なら3倍界王拳を使えば、18000の戦闘力が発揮できます。
つまりベースとなる戦闘力が高くなればなるほど、界王拳は効率的になるのです。
文字単価を界王拳だと仮定すると、ベースとなるタイピング速度が上がれば上がるほどその効力を享受できるというわけです。

 

専門分野に特化する


僕が時間単価を上げるための戦略として使っているのが専門分野に特化することです。


webライターの記事執筆は

  1. 調査
  2. 執筆
  3. 推敲校正

の手順で行われています。
個人差はあると思いますが、大局には変化はないでしょう。


この中で1番時間が削減できるのは「調査」です。
執筆時間の削減は物理的に限度がありますし、推敲時間を削減してはいい記事は書けません。
しかし調査は違います。
自分が既に知っている話だったら、イチイチ調査する必要がありません。
つまり、究極的にはゼロにできるのです。

 

とは言え、いろいろな仕事を受注していては知識をインプットするのに時間が取られてしまいます。
だったら、1種類の仕事だけ受注してしまうのです。
これが専門分野に特化すると言うことです。
僕はこれを雷電の法則」と呼んでいます。(テリーマンの法則とも言います)

 

魁!男塾において、敵キャラが謎の行動を取ると必ずと言っていいほど「ムゥ」と反応するのが雷電という男です。
「知っているのか雷電」と他のキャラが聞くと、雷電は流暢に解説をはじめるのです。
イチイチ調査をしているわけではありません。
既に知っていることだからできることです。
(テリーマンの場合「聞いたことがある」と自分から語り出します)
雷電のように「ムゥ」と反応できるような分野が増えれば、どんな記事もスピーディに執筆できますね!

 

構成は適当に!


先述したライティングの手順ですが、人によっては記事の構成が含まれる場合があります。
しかし、僕は時間短縮のためにこれを最小限に抑えます。
着地点を設定することと、そのために説明すべきことを決めるくらいでしょうか。
執筆中、話が盛り上がるとテンションが高まり執筆速度が上がっていくものです。
構成を意識しながら書くと、この速度を殺してしまう可能性があるからです。

もちろん、構成を決めてから執筆するとまとまった記事が完成するでしょう。
しかし、それは書き始める前に設定したまとまりです。
勢いにまかせて書いた記事は、書き始める前に設定したまとまりを超えているかもしれません。
どうせ最後に推敲するんだから、ライブ感に任せて書いた方が速いというものです。
僕はこれを久保帯人の法則」と呼んでいます。(ゆでたまごの法則とも言います)

 

BLEACHの作者である久保帯人先生はライブ感を大切にしている漫画家です。
そのとき盛り上がるかどうかが一番大切で、整合性を気にして小さくまとまるよりは面白いと思った展開を次々とぶち込んでいくというスタンスなのです。
その結果、BLEACHという漫画は外連味に満ちたカッコいい漫画として大ヒットしていったのです。
やり過ぎたせいか最終回がすっきりしなかったんですけどね!
お金をもらって記事を書くライターですから記事に整合性は絶対に必要ですが、それは推敲の時に考えることもできます。
執筆中は構成を気にせず勢いに任せてガンガン書くと、執筆速度も上がるでしょう!

 

まとめ


文字単価を上げよう上げようと気持ちがガツガツしていると、難易度が高く時間がかかる依頼に引っかかってしまいます。
もちろん文字単価が上がるチャンスは逃してはいけませんが、チャンスが見つからないなと思ったときは時間単価を上げる努力をしてみてはいかがでしょうか?
空いた時間をインプットや提案に使えば、ライターライフをもっと楽しめますよ!

ちもんさんはポメラDM200ではしゃぐ三十路

ライター 日記

この記事はポメラDM200で書かれています。

 f:id:sbtimon:20161023202043j:image

みなさん、こんにちは!
僕は今、DM200が手に入ってご満悦です!
以前からずっとポメラを愛用してきたポメラニアンなのですが、今まではずっとを使ってきたと思っていたDM10が、実はDM5だと最近判明しました。


古参のつもりだったのに、これではにわか丸出しです。
どちらにしても前時代の産物と言ってしまえるレベルですが。

 

愛用してきたDM5、その姿はまるでUFOキャッチャーで取れるパチモンのDSでした。
カフェでライティングをしていても、
「最近のDSはキーボードがついてるのか」と錯覚されるレベルです。
逆にそこが愛らしいポイントだったので、ガンガンカフェで使っていましたけどね!

そんなDM5さんがこの度寿命を迎えてしまいました。
「b」のキーが完全に効かなくなってしまったのです。
どんな状態にあるかを詳しく説明すると「馬鹿」と打ったはずが「赤」と入力されてしまう、「ババア」と打ったはずが「アアア」と入力されてしまう、とそんな状態。
このままでは万国博覧会」が「暗黒博覧会」になってしまいます。
幽遊白書じゃないんだから!


そんな僕がDM200を手に入れたわけですから、はしゃがないわけがありません。

 

■もうDSとは言わせない!マットなボディがかっこいい!


DM5は小さくて持ち運びはとても便利だったのですが、如何せん外見がパチモンのDS。
正直な話、最初はカフェで出すのがためらわれました。
(最近はそこが楽しかったんですけどね)
しかしDM200の外見は、決してパチモンとは言わせない高級感あふれるものです。

なんというか、もはやこれパソコンですよ!
今までのポメラシリーズでも随一なのではないでしょうか。

f:id:sbtimon:20161023202030j:image

 

■覚えるポメラ!賢いポメラ


DM5のとき微妙に不便だったのが変換機能です。
DM5は「ろとのつるぎ」と入力すると「炉との剣」と変換されるのですが「ロトの剣」と直しても、次回は再び「炉との剣」と変換されてしまいます。
それを防ぐためには単語登録をするしかありませんでした。
物覚えが悪いんです。

しかしDM200は賢い!
一度、間違いを直してあげると次回も必ず「ロトの剣」と変換されます。
賢い!
もちろん単語登録機能もあるので何度も使うのなら登録した方がいいのですが、その量は以前のポメラに比べかなり削減されるでしょう。
とはいえメモリーの削減よりも、使用感です。
文章入力の気持ちよさは、大幅に向上したように思います。

 

Wi-fi機能は微妙?使いこなしてないだけ?


DM200の売りの一つがWi-fi機能。
入力した文章をメールで転送できたり、Evernote上にアップロードしたりとノマドライターにとっては垂涎ものの機能が追加されたのです。
で、実際に使ってみたのですが、あれ?使えない??
この場合の「使えない」というのは比喩表現じゃなく、不可能という意味です。

gmailのアカウントにログインしてもログインができないのです!
悩んだ末、PCでgmailにアクセスしてみると「ブロックされたログインについてご確認ください」とのこと。

 

f:id:sbtimon:20161023203117j:image

 

えぇぇぇ!?ブロックされてる!?

調べてみるとどうやらポメラのアプリはGoogleから「安全性の低いアプリ」と判断されていた模様。
発売日当日から安全性の低いアプリ扱いされるポメラ
大丈夫か?
アクセスを有効にしてはみたものの、ちょっと使用をためらってしまう感じは否めませんでした。

 

■文字数カウントは!?文字数カウントはどこ!?


ライターにとってお金の次に大事なのが文字数です。
文字数が今どのくらいなのかを把握しておかないと、うまく文章が構成できません。
僕がDM5を愛用していたのは、文字数カウントツールがしっかり内蔵されていたからというのも理由のひとつです。
そのくらい文字数は大切なのです。

しかし、そんな文字数カウントツールがDM200では見当たらない!
これはどうしたことでしょう。
僕はあんなに必要だったのに、みんないらなかった機能だったんでしょうか。
「文字数を意識するなんて3流ライターのやることだぜガハハハ」
とでも言いたいのでしょうか。

普段、取扱説明書なんて読まない僕がプライドを捨てて読んでみても文字数カウントツールについては一言も書かれていません。
OH!GOD!
神は私を見放した!
かくなる上は文字を打ちながら脳内で文字をカウントするしか・・・!

ダメ元で機能を一つ一つ実行することにしてみたのですが、そのおかげでわかりました。
文字数カウントはなくても、プロパティを見れば総文字数がわかるという仕様だったんです。

f:id:sbtimon:20161023202714j:image
道理で説明書に書かれていないわけだ!だってそんな機能はないんだもの!

 

■まとめ


DM200は確かに文章を書くのに特化した端末です。
その特化のしっぷりといったら入力ツールとしての役割だけでなく、「人前で出すのが恥ずかしい」とか「一度変換成功した単語は一発変換できてほしい」とか言う心理的な問題をも完全にカバーするほど。
しかし、残念なことに説明書が若干説明不足という欠点があります。
これから導入を検討しているのなら、次々と流れ始めるDM200の最新情報をチェックして機能を把握しておくといいでしょう!

 

 

 

ボブ・ディラン「ちもんさんってよく見たら殺人鬼みたいな顔してますよね!」

ノーベル文学賞ボブ・ディランが輝きました!

シンガーソングライターが受賞したのはこれが初めてだそうで、ノーベル文学賞の歴史に新しい風が吹いたような、そんな気がしますね!

 

さて今日、出勤時に読書をしていたら、話題のボブ・ディランの名言に偶然にも出会いました。

ちょっと運命を感じてしまったので、ここに記しておきます。

 

ブーイングは素敵だ。逆に、やさしさが人を殺す場合がある。

 

何度も音楽の方向性を変え、その度にブーイングを受け続けたディランの回答がこれ。

何と言うか器の大きさを感じますね!

やさしさが人を殺す。

「やさしそうな人だね」とよく言われる僕はディランに取っては殺し屋みたいなもんですね。

 

さて優しさと言えばバファリンです。

半分が優しさでできている以上

人を殺す場合もあるはず!

何故って?ボブ・ディランが嘘吐くわけないからさ(←やさしさ)

 

 

バファリンが人を殺すのか

 

市販されている医薬品が人に危害を加える状況なんて2つくらいです。

一つは飲み過ぎ。

もう一つは飲み合わせ。

バファリンも医薬品である以上、上記の心配が無いわけではありません。

使用上の注意を怠れば牙を剥いてくるので注意が必要です。

 

・ 飲み過ぎ

バファリンには解熱沈痛成分としてアセチルサリチル酸が含まれているのですが、こいつが全然優しくない。

なんと胃の粘膜に影響を及ぼし胃粘膜傷害を引き起こすのです。

飲み過ぎると胃潰瘍を起こすバファリン

優しさは誰にも気づかれないところに負担を強いるものなんですね。

 

・ 飲み合わせ

どの薬にしてもそうですが、有効成分が重なってしまう薬は避けましょう。

アルコール類はもちろん、バファリンには無水カフェインが入っているためコーヒーも避けた方が良さそうです。

どうしても飲みたいのならデカフェですね!

 

バファリンの優しさの正体

 

ディランは優しさが人を殺す場合があると言っていますが、それは果たして本当の優しさなのでしょうか?

無責任に崇めたり褒め称えたりするのは、僕は優しさだとは思えません。

本当の善意は、褒めたり注意したりすることによって、道を間違えないようにしてあげることだと思うのです。

誰かを想う気持ちがその人を殺してたまるかって話ですよ。

 

話をバファリンに戻します。

バファリンには使用上の注意書きが同封してあります。

そこには文字が細かくて読みづらいですが、扱い方を間違えたらどうなるのか、そんなときはどうすればいいのかが事細かに書いてあります。

そこには、確かに製造元であるライオンの優しさが存在するのです。

 

バファリン半分は優しさでできている

 

その半分の優しさは、きっと錠剤自体ではなく注意書きのことを指していたのかもしれませんね。

ハゲはハゲで苦労してるんだなという話

ハゲ

ハゲになってから1年が経ちました。

最初はあんなに涼しさを感じていたのに、今では全然平気です。

初期のうちは美容院に通いオシャレな坊主頭にミリ単位でこだわっていたのですが、最近は自宅のお風呂でバリカンカット。

顔が顔なので、実質ほとんど変わりません。

 

そんなハゲ坊主の僕ですが、ハゲにしてからわかったことがあります。

それは、ハゲ坊主維持が意外と大変だと言うこと。

僕の場合1.8ミリのバリカンで全部剃るのですが、1ヶ月もすると1センチは髪が伸びてしまうため頭髪の濃淡がくっきりわかってしまうのです。

髪が伸びてきたほうがハゲてる。これは皮肉な事実です。

 

その結果、2~3週間に1度は髪を剃らねばならず美容院の費用が女子並に。

仕方が無いので、バリカンでお風呂カット。

僕の様に坊主と言う体裁ならいざ知らず、つるっパゲにしている人たちは毎日剃ってるわけですから滅茶苦茶大変ですよ!

あばれる君とかもうまぶしくて直視できませんよ!

 

あぁそろそろ僕の髪もまた伸びてきたようです。

3連休を薄毛ではなくハゲとして楽しむために、週末はバリカンに活躍してもらいましょう!

賛否両論のゴジラを賛側で楽しむためのたった一つのコツ(一つとは言ってない)

f:id:sbtimon:20160820201737j:plain

先日、ついにシンゴジラを見に行きました!

島本和彦ファンの僕としては、アオイホノオばりに「感動せん限りは負けてないからな!」からの「俺より面白いものを作るんじゃねぇ!」って脳内でやりたかったんですが、それどころじゃありませんでした。

凄い。とにかく凄いの一言。

開始5分で惹き込まれ、感情移入しっぱなしの2時間でした。

 

ネットを見ると賛否両論だというシンゴジラですが、僕は完全に賛でした。

というか絶賛でした。

普通、賛否両論と言うと否定が多いものだけども(庵野監督の場合、特に)シンゴジラは賛の方が多い様な気がします。

 

好評の理由として挙げられているのが、恋愛要素の排除と難しげな用語の連呼による臨場感です。

恋愛要素については大成功だと言えますね!

「蘭堂とカヨコが恋人同士だったら良かったのに」とかいうお花畑な感想は聞いたことがありません。

逆に、妄想民が暴走する余地があるため絵師界隈が大にぎわいです。

 

一方、聞き慣れない専門用語の連呼ですが、これが賛否を呼んでいます。

僕は「システムオールグリーン」みたいな「言葉の意味はわからんがとにかくすごいリアルさ」な台詞が大好物なのですが、映画を観覧した方の中には

 

「何言ってんだか、さっぱりわからない」

 

と飽きてしまう人もいるようでした。

あまりに話題になってしまった為、想定していない客層まで来てしまったようです。

これは当然のことなんです。

我々オタクは、こういうのに慣らされてるので臨場感として捉えることができた”専門用語”ですが、一般の方の中には初めての経験だった人も多かったのでは?



◇誰でも出来るシンゴジラのシンの楽しみ方!

 

オタク、というか僕が作品を全力で楽しめているのは、<大筋とは関係ないと思われる用語を受け流している>からに他なりません。

今までハマった作品全てにおいて、僕はそうやって楽しんできました。

 

ガンダムにしてもエヴァにしてもハマりましたし、最近だとガルパンがそうですね!

戦車なんて少しも知りませんでしたが、専門用語を無視して大筋だけ追ってみてただけで面白いんです!

元々のキャラやストーリーに魅力があれば、意味の分からない言葉なんて無視しても楽しめるんですね!

 

この楽しみ方の最大のメリットは、後で調べると作品が2度も3度も美味しくなるってところです。

ガルパン視聴後に戦車用語やそれぞれの戦力、歴史的背景を調べたんですが、バレー部すげぇってなりましたからね!

劇場版なんか都合10回は見てます(6回はBD版)

 

また話に何度も登場するキーワードは、矛盾点を解決する舞台装置と思ってもらって問題ありません。

ガンダムで言うところのミノフスキー粒子です。

 

ガンダムって何で人の形なの?」

「あーミノフスキー粒子のせいだから」

ガンダムの世界に戦車とか戦闘機があんまり出てこないのって」

「あーミノフスキー粒子のせいだから」

「私の弟、諸君らが愛してくれた弟のガルマは死んだ。何故だ!」

「坊やだからさ」

 

そういうわけで、これからゴジラを見る非オタクの方は、難しい話が出てきたら受け流す様にしてください。

どうしても受け流すことができない方は、このように解釈するといいでしょう。

 

専門用語連呼=このままじゃヤバい

 

これさえ守れば間違いなく楽しむことができるはず!

 

あ、あともう一つの賛否両論である石原・ルー・さとみ問題ですが、彼女が出てきたら胸元をずーっと集中してみていてください。

一瞬、ほんの一瞬ですが谷間らしきものが見えるんです。

それだけに集中していたら、存在が浮いてしまうことはありません!

是非お試しを

 

今日は仙台七夕花火大会なので、持っていきたいもの再掲

今日は仙台七夕花火大会です!

去年は西公園の木々に邪魔され、花火が見えないという事態に陥ってしまいましたが今年はそうはいきませんよ!

というわけで、去年まとめた記事を再確認してもう一度戦略を練っていきましょう!

 

sbtimon.hatenablog.com

 

確認したところ、座椅子を買うのを忘れていたので、どっかで仕入れないといけませんね!

追加で用意したいのがクーラーボックス。

 

レジャーシートの重石代わりになるわテーブルになるわ、冷えっ冷えのビールは飲めるわの八面六臂の大活躍、、、の予定です!

みなさんも忘れずに持っていきましょうね!