読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びっくりするほどWebライター

薄毛のWebライターが、ライティングのやり方を教えるよ!

執筆後記:仙台万華鏡美術館

ハゲ ライター 宮城

こんにちは!
薄毛の育毛ライターちもんです!

f:id:sbtimon:20170316214921j:image 

さて先日「仙台万華鏡美術館」へスポット取材をしてきました。
仙台万華鏡美術館は、世界で最初の万華鏡をテーマにした美術館。
万華鏡は一度見た模様を再び見ることがほぼ不可能という一期一会の芸術作品です。
そんな万華鏡を体験しながら、その魅力について取材するのは正直めっちゃ楽しかったです。
仙台万華鏡美術館の魅力を伝えるのは寄稿した記事に任せるとして、今回は取材中のエピソードを紹介します!

取材時のマル秘エピソード!

記事内では許可をいただいた撮影禁止区域の写真がメインなのですが、撮影可能な展示室でも色々あそべたので写真を撮っていたんです。
その展示室は、一目見ただけでは万華鏡とわからないような特殊な形状やギミックを施した万華鏡を展示・体験できるコーナーでした。
とある大型万華鏡に興味を持った僕が、使い方が解らず周りをウロウロしていると、親切なスタッフの方が「せっかくだからお写真撮りますよ?」と使い方を教えて下さいました。
それは、鏡の中に自分の顔を突っ込んで自分の顔を模様として楽しむ、体験型の万華鏡でした。
その時の僕は、綺麗に撮れたらNEFTでも使えるだろうと軽く考えていたのですが、実際に撮れた写真がこちらになります。

f:id:sbtimon:20170316214304j:plain

いや怖ええよ!
想定外の不気味さ。
万華鏡というよりは、もはや万ハゲ鏡。
呪いの薄毛曼荼羅ここに爆誕です。
これでは、観光地を探しにきた閲覧者に恐怖を与えてしまうため、ブログの方で公開です。

なお、この写真を見た方は薄毛になる呪いがかかります。
解呪したい方は、NEFTへ寄稿した仙台万華鏡美術館の記事をシェアして下さい。

jp.neft.asia

よろしくお願いします!

育毛サイト、チャップアップ奨めすぎ問題!育毛ライターが徹底検証<PR>

ハゲ ライター 想うこと

f:id:sbtimon:20170217193504j:image

育毛ファンの皆さん、こんにちは!
薄毛の育毛ライター、ちもんです!

今日はいつもとは趣向を変えて、育毛ライターらしい記事を書いてみようと思います!

育毛サイトは数々ありますが、ほとんどのサイトでオススメしてる育毛剤がチャップアップ。
どのサイトを見てもチャップアップばかり奨めているので、ホントに効くのか逆に怪しくなってしまいます。

終いには、こんな記事まで見つけてしまいました!

ドラゴンボールにはハゲキャラが多い
    ↓
ベジータ亀仙人クリリンミスターサタン、ナッパを紹介
    ↓
ナッパはヤバい、手遅れ、改善不可能などと散々冒涜
    ↓
ナッパになる前にチャップアップ!

ナッパが何したって言うんだよ!

それはともかくとして、猫も杓子もチャップアップで治りますみたいな記事が余りにも多い育毛サイト界隈。育毛ライターとしては調査するべきところです!
というわけで、今回はチャップアップが何に効果があるのかを調査して、その成分から効果を検証してみました!

あくまでライター目線ですので、医師などの意見とは異なる場合があります。
一定の知識を持った育毛オタクによる意見として参考にしてみてください!

 チャップアップのターゲットはつむじとM字!?

www.ikumou-life.jp

この記事では、つむじハゲの対策としてチャップアップが最上位に推奨されています。
民間療法的な薄毛対策をAGAと切り離して紹介してあるのが特徴ですね。
「生活習慣の改善で治るのなら無理にチャップアップ使わなくてもいいよ」という姿勢に好感が持てます!

AGAとは男性型脱毛症と呼ばれる症状で、民間療法で治すのが難しいと言われています。 そんな時こそ、チャップアップというのがこの記事の主張です。 また、つむじハゲは女性にも多く見られる症状なのですが、その事にもサラリと触れているあたり、リサーチが行き届いています。 「自分はつむじハゲかも」と思った方は、一度読んでみる事をオススメします。

 

matome.naver.jp

 

こちらはM字ハゲに関する記事です。

つむじハゲと違ってほとんどがAGAの症状なので医薬品による治療を勧めています。
日本で認可されている医薬品の紹介がメインなのですが、最後にチャップアップとの併用が奨められています。

個人的には、医薬品で効果が見られない場合は、育毛剤を使うよりも植毛を考えた方が手っ取り早いと思うのですが、あくまでこのまとめでは併用がイチ押し。
併用は果たして効果的なのでしょうか?


紹介した「つむじハゲ」と「M字ハゲ」の2つの記事。

この2つに共通して見られるキーワードはAGAです。

つまりチャップアップは、どうやらAGAをターゲットに据えた育毛剤と言えるでしょう。

次の項では、チャップアップの成分がどのようにAGAへと作用するのかを考察していきます。

 成分から見るチャップアップとAGA

AGAの代表的な症状「つむじハゲ」「M字ハゲ」を紹介しましたが、果たしてこれらにチャップアップは効果があるのでしょうか?

チャップアップに含まれるAGAに効果的な成分は、 

  • オウゴンエキス
  • ヒオウギエキス
  • チョウジエキス
  • ビワ葉エキス

の4種類です。

そのひとつ、オウゴンエキスについて医療情報サイト「スキンケア大学」では以下のように効果を説明しています。

DHTは、男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという還元酵素によって変換され作り出されます。

オウゴンエキスには、この5αリダクターゼの働きを抑制させる作用があり、これによってDHTを減らし、脱毛を防ぐことができます。

www.skincare-univ.com

 

また、ヒオウギエキスとチョウジエキスには、5αリダクターゼの活性を抑制する働きがあります。
そして、ビワ葉エキスはDHTが毛乳頭と結びつくと産生される脱毛因子FGF-5を抑制する効果があると言われています。

 これらの効能から考えて、DHT産生を様々な方面から阻害するのがチャップアップの戦略だと考えられます。
内服タイプでない育毛剤は『患部でどう働くか』がカギになりますから、原因物質と脱毛因子の産生を両方とも阻害するという戦略はよく出来てると言えるでしょう。

しかし、これらの成分はフィナステリドの様な内服タイプの医薬品と効果が重複してしまいます。まったく意味がないとは言いませんが、併用せずにどちらかに絞った方が費用を節減できるのではないでしょうか。

もちろん、チャップアップにはAGA対策成分の他にm-034をはじめとした発毛成分も含まれているので、発毛効果を期待しての併用なら問題ありませんが!

チャップアップは女性にこそオススメなのか 

先ほどのつむじハゲの記事で

・女性で頭頂部が薄毛の方

この様な方々は容易に改善できる可能性が高いです。

 と触れられていた通り、女性にもつむじハゲは存在します。
その多くは、生活習慣や食生活の見直しで容易に改善できるのですが、厄介なのがFAGAが発症した方です。

FAGAとはAGAの女性版のことで、女性男性型脱毛症という「白いブラックサンダー」並に意味不明な名称で呼ばれています。

内服型の治療成分フィナステリドは、女性(特に妊婦・妊活中女性)に対して凶悪な副作用を持つためを使用する事ができません。
そのため治療は育毛剤に限られてしまいます。

そこでチャップアップの出番です。

AGA対策の成分が天然モノな上、患部に直接塗込むため副作用の心配がない育毛剤は、FAGAの女性にとってありがたい存在です。
発毛成分であるm-034も、ミノキシジルのように刺激の強いものではなく敏感な女性の頭皮には適していると言えるでしょう。

しかも手続きは面倒ですが返金保証があるため、万が一効果がなくても損だけはしません!
こうやって一つ一つ分解して考察していくと、チャップアップは男性よりもむしろ女性にこそ使って欲しい育毛剤なのかもしれません。
気になってきた方は、興味がある方は紹介ページだけでも覗いてみてください!

まとめ

育毛サイトがこぞって奨める育毛剤チャップアップ。
その理由はアフィリエイト報しゅ丁寧に考えられた対AGA戦略にある言っても過言ではないでしょう。

特にフィナステリドが使用できないFAGAの女性には、この計算された含有成分が力になってくれるはずですし、もし効果が現れなくても返金保証がありますから、時間以外は何も無駄になりません。

AGA、FAGAの疑いがある方は、検討してみる価値はありそうですね!

ちなみに冒頭のナッパの記事はぶっちゃけ僕が書いたものです。
特定の誰か(ナッパを除く)を批判したものではありませんので、ご留意下さい。

【サンプル付】依頼出して16人の提案読んだら最強の提案文ができた【ランサーズ】

文章講座 ライター

f:id:sbtimon:20170205114345j:image

まずはこちらをご覧下さい。

はじめまして。
ライターのちもんと申します。

■経歴

別サイトでライターを2年やっております。
ランサーズに活動拠点を移してからは半年になります。

■実績・得意

美容・健康関連の記事が得意です。
↓のサイトの記事を担当させていただきました。
(ここは内緒です!)
商品を説明するのではなく、閲覧者が何を求めているのかに気を配って記事を書いています。
上のサイトは、洗顔石鹸のサイトなのですが、商品説明だけではなく正しい洗顔方法を紹介する記事を入れています。

■自己PRポイント

禿げてます。
32歳という若さでかなり禿げてしまったので、今は髪を剃ってワザと坊主にしているんだぞという体で過ごしています。
剃る前は、様々な育毛方法について調査しました。
ミノキシジル、フィナステリド、デュタステリドなどの医薬品から、センブリエキスなどの部外品の有効成分、カツラ、湯シャン、もちろん自毛植毛についても。

結局、金銭上の問題から頭を剃る道を選びましたが、知識には自信があります。
何卒よろしくお願いいたします。 

めちゃくちゃ恥ずかしいですが、これは以前、僕が実際に使っていた提案文です。
勝率は・・・聞かないで下さい!

少なくとも、現在はこの提案文を使っておらず、黒歴史になっていることからご想像いただければ自ずとわかるかと思います!

なにが

禿げてます。

だよ!知らねえよ!

ということで、今回は提案文についてのお話です!

 

クラウドソーシングの基本、提案文とは何か?

ランサーズでプロジェクト案件を受注するときに絶対に必要になるのが「提案」です。

これは、自分の略歴や実績、自己PRの手段としてクライアントに提出する言わば履歴書のようなもの。
ただ、履歴書のように決まったフォーマットが無いので、プロジェクトに提案するときに不安に思うライターさんも多いかと思います。

さて、そんな不安に思うライターのひとりだったちもんさん。
しかし、この度クライアントを経験したおかげで、なんと16通もの提案文を読む機会に恵まれました!

そこで、クライアント経験を通して感じた良い提案文や悪い提案文を紹介しながら、パーフェクトな提案文を考えていきましょう!

クライアントに読まれない提案文の3つの特徴

クライアントになって初めて気づいた事は「提案読むのめんどくせぇ」ということです。
16通でこれだから、もっと高単価な案件ともなるともっとヤバいでしょう。

とりわけ読むの面倒だなと思った提案文の特徴が3つあります。 

納期守ります系ライター

今回依頼して気づいたのは、「納期は必ず守ります」ということを書いてくるライターさんがあまりにも多かったことです。
残念ながら、納期を守るのは当たり前のことなので、PRにはなりません。
逆に「納期厳守を当然と思ってないのかな?」とプロ意識を疑われてしまうかもしれませんよ?

スネ夫系ライター

自己PRがハンパないライターさんです。
自分がいかに優れているかを、切々と語ります。

プロのライターですから文章力もしっかりしてるんで、めちゃくちゃ流暢に自分を褒めちぎるんですね。

僕、33にして初めてのび太の気持ちがわかりましたよ!

良い提案文のライターさんは、ここがスッキリしてます。 

「実力を知りたければ実績見てね」みたいなノリの淡々としたPRなんです。
なんなら箇条書きレベルです。
なんか、この方が逆に信頼したくなってきますよね!ペラペラ語るより!

提案全コピペ系ライター

ランサーズでは提案文を保存しておく事ができます。
大量のプロジェクトに提案を出したい時に役立つ機能なんですが、コピペってわかるとなんかお願いしたくなくなるんですよね。

一人、ものすごく理想的な提案文をくれたライターさんがいたんです。
ただその方の文章は、どんな案件にでも通用するようなものだったんです。
おそらく、保存していたものをそのまま使ったのでしょう。

今回、寄稿を依頼した素晴らしい2人のライターさんがいなければ、この提案文でもなんの問題も無かったのかもしれません。
しかし保存されたままの提案文では、今回のように最後の最後で選考から外れる原因になってしまいます。

注意したいところですね。

番外編:実績載せまくり系ライター

これは別に嫌がられるタイプではないのですが、提案文のほとんどが実績URLのライターさんも注意が必要です。
たくさんポートフォリオにできる実績があるのは凄いことなんですが、これ全部読むかって言ったら、おそらく読まれないでしょう。
せいぜい2、3本です。
ある程度の文章力と情報のクオリティがあるかを確認すればいいだけなので、2本も読めば十分なんです。
もちろん、これが原因で落とすなんて事は無いので、載せたい人は載せてもいいですが、2、3本しか読まれないということを覚悟しておきましょう!

 

提案文の好感度が上がる4つの工夫

ここまで提案文に対して文句ばっかりつけてましたが、ではどんな提案文ならいいのでしょうか?
ここからは、僕がたくさんの提案文を読んで思ったいい提案文にするための工夫を紹介します。

実績URLを載せるなら2つだけ!依頼に関係あるものをセレクトしよう!

たくさんの実績を抱えている方は、その全てを紹介したいと思うかもしれません。
しかし、ここはグッとこらえて2つに絞りましょう!
たくさん紹介しても全部は読まれませんから。

たくさんURLを載せたいのなら、1番読んで欲しいのを2つ別に紹介するのがいいでしょう。

その際は、できるだけ依頼に関連した内容のものをセレクトするとクライアントは大喜びで読んでくれます!
得意分野を選んで、自分の最大の実力を見てもらうのもいいですね!

自己PRで自分をPRするライターは落とされる!

自己PRは自分をPRする場所じゃありません

自分の長所や短所、得意分野がクライアントに対してどのように役に立つのかをPRする場所です!

あなたがどれだけ素晴らしい人間だろうと、いいコンテンツが作れないと意味ないんですよ!
それどころか、場合によってはクライアントにイラッとされるんですよ!

逆に「自分の長所が、あなたの依頼のここに役立ちます」ということをPRしているものは、すごく好感が持てる提案文です。

自己PRの時には「相手にとって」という視点を忘れない様にしましょう!
過剰PRな提案がありがちだったんで、見直してみて下さい。

 

納期でPRしたいなら、どうしたら信頼してくれるかを考えること !

納期を守るのは当然なので自己PRにはなりませんが、納期を破ったことがないのは自己PRになります。

納期に関する内容は信頼が第一。

「納期は必ず守ります」という口約束よりも、破ったことがない実績を見てもらった方が信頼してもらえるでしょう。

また、万が一のことに触れるのも個人的には信頼してしまいます。

「納期は必ず守りますが、万が一遅れそうな場合、◯日までにご連絡いたします」

この様に書かれると、安心して仕事を任せられそうですよね!

実績が少なく、万が一の事態も約束できないなら最後の手段。

「納期◯日前には提出します」

これです。

クライアントにとって納期は今後のスケジュールに響く、ある意味クオリティ以上に大切なものです。

納期前に全てが片付くのなら、何よりも安心できることでしょう。

相手に如何に信頼されるかを意識すれば、納期に関することでも十分にPRできるはずです!

色々工夫してみてください。

心を込めて、何か一言追加しよう!

先述した通り、完全にコピペの提案文はいくら出来が良くても最後の最後で落とされたりします。
それを防ぐために、提案文にはクライアントへ向けて何か一言メッセージを入れましょう。

案件に対する意気込みみたいのでもいいんで、何か一言でもオリジナルな文章があるだけで印象は大きく変わります。

ぼくがかんがえたさいきょーの提案文

さんざん偉そうに講釈垂れてきましたが、じゃあアンタは上手な提案文書けるようになったのかよという方もいるでしょう。

そこで、今までの注意点を考慮に入れた最強の提案文を書いてみました!
気に入ったらコピペして使ってもいいので、見ていって下さい!

イエエエエエエエエエエエエイ! 

空前絶後のォ!

超絶怒濤のWebライター!

コンテンツを愛し、コンテンツに愛された男ォ!

コピペ、パクリ、無断転載

全てのライターの生みの親ァ!

そう我こそはァ!

サンシャイイイイイイイイン!

ち も (ボフッ) ん!

 

 イエエエエエエエエエエエエエエエエエエエイ!

 

ハゲデェス!

 自分の名前に変えてご利用下さい。

 

え?ふざけるな?

仕方ない、それでは本当のサンプルを書いてみますね!

 

はじめまして

ライターのちもんと申します。

この度は、stibium様の【1,500文字/3,000円】あなたの文章術を教えてください!【文字単価2円】のご依頼に大変興味を持ち、応募させていただきました。

 

◾️経歴

ライター歴3年です。

◯◯◯       :2年

ランサーズ:1年半

◯◯◯       :半年

 

◾️実績・得意

薄毛関連の執筆を主にさせていただいております。

今回のご依頼に関連したものでは、

URL

URL

の様な記事が参考になるかと存じます。

 

◾️自己PR

文章術をテーマにした個人ブログを持っています。

文章に関する様々な本を読んで得た技を、自分なりに噛み砕いて紹介しています。

 

納期50日前には提出させていただきます。

 

文章のプロとして読者に伝わる文章術を紹介させていただきますので、何卒よろしくお願いいたします。

 

これを自分なりにカスタマイズすれば、僕みたいな偏屈なクライアントには好かれるかと思います!

 

逃げの発言になりますけど、結局、提案文に答えなんてありません。

今回の依頼に応募していただいたライターさんの中には、実績を1つも載せてない方もいて、その提案文がめちゃくちゃ魅力的だったんです。

本当はその方にも依頼したかったんですが、予算の関係上パスすることになりました。

しかし、最後の最後まで悩みに悩んだのはその方の「実績URLのない」提案文だけでした。

そういう提案もあるにはあるんです。

 

なので、今回のサンプルが通用しなかった場合、是非サンシャインな提案を試してみてください。

僕なら絶対通します。

その文章、「知らない人」が読んでもわかりますか~独りよがりの文章にならないために<寄稿>

ライター 文章講座 寄稿

f:id:sbtimon:20170128184547j:image

 

みなさんこんにちは、クライアントのちもんです。

www.lancers.jp

他のWebライターさんの文章術を教えてもらおうという企画の第2回目!

前回に続きまして、16人の応募者様から選ばれたもう1人のライターさんに記事を寄稿していただきました!

 

今回の寄稿者様は「鍋谷萌子」さんです!
ぶっちゃけたところツイッターを通して交流のあるライターさんです。

またですよ!また!
今回選ばれた二人とも別にランサーズ通さなくても交渉できたのです!

ランサーズは丸儲けです!

いや、これは「いい媚び方」をしたに違いない!
ランサーズ様、手数料分儲けたんだから僕に単価5円の直接依頼をください!

 さて、鍋谷萌子さんは僕が尊敬するライターさんのうちの1人です。
ツイッターで受ける印象は、丁寧でお茶目で素敵な方という感じです。
実績の文章を読ませていただきましたが、本当に丁寧でわかりやすい文章でした。
まさにツイッターで受けた印象通りと言った感じです。

 この人の文章術はパク・・・参考にしてみんなで共有したい!
そう思った僕は、手数料の無駄を鑑みずに思わず依頼をかけてしまったというわけです!

 

すごい!ちもんさんいい人!(自画自賛)

あ、やめて!無言で頭皮に界面活性剤を塗らないで!

 

というわけで、今回は鍋谷萌子さんに文章術を教えていただきましょう!

 

f:id:sbtimon:20170128175944j:image 
鍋谷萌子

得意分野は 美容/健康/福祉/医療/教育/建築/不動産/IT/骨董品/インテリア/リクルート/葬儀/食事(レシピ制作可)/校正。締切遵守ですので安心してご依頼いただけます。ご依頼は下記ホームページのメールアドレスより。
twitterプロフィールより

twitter@nabetani_moeko
HP:http://nabemoe-witer2012.seesaa.net

 

その文章、「知らない人」が読んでもわかりますか~独りよがりの文章にならないために


「良い文章はどんなものか」という問いかけへの答えは、人それぞれです。
感情に訴えかけてくる文章も「良い文章」ですし、マーケティングを成功させられる文章も「良い文章」です。
ただ、今回は一つの文章術として、私自身が心がけている文章づくりについてお話していき、ます。

そのキーワードとなるのが、「わかりやすさ」です。


「専門用語の羅列」になっていない?

食事や医療系、あるいはビジネス系のライティングや校正をしていると、しばしば、「これはどういう意味だろうか」という単語にぶつかることがあると思われます。

たとえば、「エチケット」。これはワイン用語の一つですが、これだけを聞いて、「ワインのラベル」のことをぱっと思い浮かべられる人はそれほど多くはないのではないでしょうか。

また、ビジネス用語としてよく出てくる「サスティナビリティ(持続可能性。短期的な利益だけでなく、今後もその会社が利益を出し続けられるかどうか)」、医療系で出てくる「QOL(Quality Of Life、人生の品質。病気にだけ着目するのではなく、その人らしい生き方を考える、という概念)」などは、ぱっとみただけではなかなか意味が分かりにくい単語です。

ただ、このように、「その分野に特別知識がない人が読んだ場合、意味がわからない単語」をこのまま使われていることがあります。

「わからない単語」が続くと、人は読むことを諦めてしまいます。辞書を引いてまで文章を読み切ろうとする人は、そう多くはないからです。


「わからない単語」が出るそのワケは?

これにはいくつかの理由があります。

  1. そもそもそれが「自分にとって当たり前の語句」であり、わからない人がいないことを想定できない
  2. 自分自身もよくわかっていないが、調べている時間がないからそのまま使う
  3. 調べはしたが、意味がよくわからないので、そのまま使った

このなかで、「1」はなかなか難しい問題です。
自分にとっては当たり前の単語であるため、「わかりにくい単語だ」とそもそも認知ができないのです。

このような場合は、一度基本に立ち返りましょう。
「それをまったく知らなかったときの自分が、これを読んで理解できたかどうか」を考えるのです。

クライアント様に納品する仕事の場合は守秘義務が絡んでくることもあるため難しい部分もありますが、自分のブログやサイトに載せる文章の場合は、家族などに読んでもらうのもよいでしょう。

2は、ライターをしていくうえでは致命的なクセだと言えます。
調べないまま書いた単語というのは、記事の品質を大きく落とします。
それだけでなく、場合によっては間違った情報を伝えかねません。
特に、人の「健康」「命」を左右することになる健康や福祉の分野では、絶対にやってはいけません。また、情報を収集するときは、その情報収集元が信頼のおけるところかどうかも確認しなければなりません。

3のケースのように、そもそも単語が難解であり、調べてもはっきりとしたことがわからなかった……という場合もあるでしょう。
その場合は、クライアント様がある仕事ならば、クライアント様にそれを申し送りします。
また、その場合は無理にその単語を使わず、ほかの言い回しを使ってアプローチしていくとよいでしょう。

ちなみに番外編として、「そもそも一定以上の知識がある人に向けて書いている」というものもあります。この場合は、当然「易しく書くこと」はそれほど重要視されません。


「わかりにくいものを、わかりやすく」を心がけています

上では「わかりにくいものを、わかりやすく書いていくことの意味とやり方」について述べてきました。
私はできるかぎり、上記のやり方を心がけて文章をつづっています。
たとえば企業様から、「うちのホームページを作ってほしい」と言われて資料を渡されたとしましょう。
その資料には、聞き慣れない単語が乱舞していることも珍しくありません。

もちろんBtoB(企業対企業)の会社ならばそれでもよいのですが、BtoC’(企業対一般顧客)の会社の場合は、このような「聞き慣れない単語」を、一般のお客様にとって「聞き慣れた単語」にしていく必要があります。

そのために、「聞き慣れない単語」を解きほぐし、平易な言葉に変えていきます。
この作業によって私は、企業様と一般のお客様をつなぐ橋を作れる、と考えています。

どのような「良い文章」を目指すかは、人それぞれです。
ただ、このようなやり方があると知って、この角度からアプローチしてくれるライターさんが増えれば、私もうれしく思います。

 

Webライティング実践講座 ニュースリリースから商品説明まで (WEB PROFESSIONAL)

Webライティング実践講座 ニュースリリースから商品説明まで (WEB PROFESSIONAL)

 

 

 

文章を上手くするには、いい文章をインプットすることが重要<寄稿>

 f:id:sbtimon:20170119211041j:image

みなさんこんにちは、クライアントのちもんです。

www.lancers.jp

突然ですが、他人の文章術って気になりませんか?

この間ランサーズを利用して、このブログへ文章術を寄稿してくれるWebライターを募集したところ、なんと16にも及ぶ応募がありました!

みなさん、ご応募ありがとうございます!

で、その中から2人を選んで寄稿してもらうことにしたわけです。

今回、文章術を教えていただいたWebライターさんは、『大橋博之』さんです。

ぶっちゃけたところ、ツイッターを通して交流があるライターさんです。
僕が密かに師匠として崇めていた方なので、3000円で働かせるのは忍びなかったのですが、「師匠を3000円で働かせるのって贅沢やん?」という心の悪魔には勝てず、低賃金で記事を寄稿していただきました!

大橋さん、ごめんなさい! 

というか、交流あるならランサーズに手数料払わないで直接契約すればよかったよね!

というわけで、大橋さんの文章術をお楽しみください!

 

f:id:sbtimon:20170117171006j:plain 

大橋博之

ライター・編集者・プランナー。インタビューを中心に活動中。
専門はWebメディア、未来、テクノロジー、カルチャー、クールジャパン界隈。
書籍『Webライター入門』監修。
twitterプロフィールより

twitter@garamonmini
note:note.mu/garamonmini
HP:http://www.garamon.jp.org/



文章を上手くするには、いい文章をインプットすることが重要

なぜ、いい文章をインプットしないの?

よく、「文章は書けば書くほど上手くなる」といいます。
それは半分は正解ですが、半分は不正解です。

ただ文章を書くだけでは上手くはなりません。
例えば、サッカーが上手くなりたい人がただボールを蹴っているだけで上手くなるでしょうか?
上手くなるための練習が必要だと誰でもわかります。
文章だって同じです。
文章が上手くなるための練習が必要なのです。

どうすれば文章が上手くなれるか?
テクニックはいろいろありますが、大事なのは「インプット」です。

そもそも人間はすべてインプットとアウトプットで成り立っています。
webライターでいえば、取材がインプットで、原稿を書くことがアウトプットです。
「取材なんてしたことない」という人でも、旅行の体験を記事にするなら「旅行に行く」というインプットがなければ記事を書くことはできません。
観光記事もグルメ記事も、それこそお掃除記事にしても、お掃除するというインプットがなければ記事は書けないはずです。

なのに、多くのwebライターは記事を書くためのインプットはするけれど、文章を上手くするためのインプットはあまりしないようです。
いい記事を書くにはいいインプットが必要なように、いい文章を書くにもいいインプットが重要なのです。

 

小説やビジネス書、雑誌からインプットする

いい文章を書くためのいいインプットとは何かというと、小説やビジネス書、雑誌を読むことです。
残念ながらweb記事はいい文章を書くためのインプットには適しません。
それどころか悪影響を与えてしまいます。

よくある「いかがでしたか」というシメの文章がありますよね。あれは果たしていい文章でしょうか?
もちろん、いい文章だと思っているのならよいのです。
ただし、「みんなが使っているから、なんとなく使っている」というのであれば、それが悪影響です。

人は何気なく見ている文章を頭にインプットしてしまいます。
だから、いい文章に触れていないといい文章はインプットされないのです。

小説やビジネス書、雑誌は作家やライターが執筆し、何度も推敲します。
そして、編集者が赤字を入れ、その赤字を基に作家やライターが修正します。
さらに校閲のチェックなども入り、ブラシュアップされて世に出ます。
だから、内容だけでなく、文章もムダがなくなり、気持ちよく読める文章になるのです。
webの記事より何倍も手間がかかっている分、完成された文章になっています。
そんな文章を読むことです。

読むときは楽しく読むことです。
読んでいると「あっ、このフレーズいいな。素敵な表現だな」と思う文章があるハズです。
でも、それはメモとかしなくて大丈夫です。
脳が勝手に「いいな」と思うものをインプットしてくれます。
だからたくさん読めば読むほど、「いいな」が蓄積されていきます。
知識を仕入れるのではなく、「いいな」に触れる感覚で読むことが目的です。

 

具体的に何を読めばいいのか?

ここまではわりとよくある話。
知りたいのは、なにを読めばいいのか? ということですよね。

小説ならベストセラー作家のものがいいです。
みんなが読んでヒットしている小説には「いいな」がたくさん詰まっているからです。
若い作家なら新鮮な感覚の「いいな」がたくさんあります。
ベテランといわれている作家は作家自身も「いいな」を吸収してそれを多用しているので「いいな」の宝庫です。
ただし、古典小説だと「いいな」が古くて時代にあわない場合もあるので注意が必要です。

僕は小説は朝井リュウさんをよく読みます。
また、ノンフェクション小説は重厚な「いいな」が多いので、ライターにはお勧めです。
僕は猪瀬直樹さんが好きです。

ビジネス書もベストセラーを選ぶようにしてください。
小説の「いいな」はどちらかというと表現としての「いいな」がありますが、ビジネス書にはスピード感とか、読ませ方、展開の方法などにも「いいな」が豊富です。
ただし、ベストセラー作家が一番、最初に書いた本をなるべく読んでください。
作家にとっての最初の一冊は、とても力を込めて書かれているのでその分、「いいな」が多いのです。

雑誌は大手出版社の雑誌がいいです。
やはり大手出版社の雑誌は一流のライターが揃っているからです。
特にタイトルの付け方などは参考になると思います。

オススメはスポーツ雑誌の『Number』です。
暇なときにパラパラめくっています。

僕は原稿を書く前にお気に入りの小説や雑誌の適当なページを軽く読んでノンプットされている「いいな」を思い起こしてから、原稿にかかるときもあります。
すぐに効果のある文章術ではありませんが、つねに「いいな」をインプットすれば、やがていい文章が書けるようになります。

 

Webライター入門 ――副業・プロで稼ぐための50の基礎知識

Webライター入門 ――副業・プロで稼ぐための50の基礎知識

 

 

心の流浪 挿絵画家・樺島勝一

心の流浪 挿絵画家・樺島勝一

 

 

Webライターよりもアルバイトを選んだ妻の3つの言い分

ライター 想うこと

f:id:sbtimon:20170106222730j:image

僕の家は、夫婦でWebライターをしています。
僕が兼業ライター、妻が主婦ライターとして活動しているのですが、そんな妻が「今年からアルバイトをしたい」と言い出しました。

 

僕としては、収入を増やすならWebライターの方が最終的に稼げるからライター活動にもっと力を入れて欲しかったのですが、妻の言い分を聞いて「まぁそれなら仕方ないよね」とあっさり承諾してしまいました。

 

というのも、妻が問題視していた内容はフリーランスとして独立する時に絶対に解決しておかなくてはいけない問題だったからです。
ちなみに、妻に文句が言えないからとかそういうのではありません。
本当です。

 


妻に文句が言えないのも本当ですけど。

僕を納得させた妻の言い分

安定収入が欲しい

DeNA問題で、Webライター業界はかなりの打撃を受けました。
幸い、僕は何事も無いどころか、寄稿してるサイトがより上位に表示されると言う幸運に恵まれたわけですが、医療記事を書いていた妻は継続していたクライアントさんに打ち切られてしまいました。
突然の継続打ち切り。
同じくらいの単価の継続案件を早急に見つけなければ、月々の収入に穴があいてしまいます。
ライターに限らず、フリーランスは常に仕事が無くなる恐怖と戦い続けなくてはいけません。
お世辞にも安定収入とは言えない仕事です。

一方、アルバイトはクビになるにしても、よっぽどのことが無い限り事前にアナウンスがあります。
突然「明日から来なくていいよ」という事態はほとんどありません。
せいぜい「来週から〜」くらいでしょう。
1週間もあれば、次のバイトの面接を受ける事もできますし、空いてしまった収入の穴も次のバイト時間を増やせばすぐに取り戻す事ができるでしょう。
正社員ほどではないにしてもWebライターよりは安定収入を得られる働き方ですよね。

戦略を立てるのが難しい

Webライターとして活躍し続けるためには、戦略を立てる必要があります。
営業や提案、自己ブランディングetc。
どれ一つ欠かすことができない重要な戦略課題です。

例えば、提案。
クラウドソーシングでライティングをしていると、必ず直面するのが提案数問題です。
というのも、クラウドソーシングでは提案が通るかどうかが、すぐにわからないからです。
数打ちゃ当たる作戦で数打ちすぎた結果、全部採用されてしまい納期に追われるなんてこともクラウドソーシングあるあるですよね!
かと言って、ひとつに勝負をかけて採用されなかったら収入が途絶えてしまいます。
営業にしてもブランディングにしても、一つ一つ戦略を立てて行わなければ無理が生じて破綻してしまうでしょう。

アルバイトは、働けば働いた分だけお金が入ります。
言い方は悪いですが、そこに戦略は必要ありません。
最悪、いるだけでお金がもらえるわけですから。
気楽に収入を得たいのであれば、Webライターをするよりもアルバイトの方がよっぽど快適なんです。

 

人と繋がりが欲しい

在宅ライターは孤独な仕事です。
1人で黙々と文章を打ち込むだけの毎日は、正直なところ気が狂いそうになることも多いそうです。
「じゃあインタビューにでも行けばいいじゃん」
と言いたいところですが、世の中そんなに甘くありません。

関東地方にいる方なら、そういった案件が豊富にあるのかもしれませんが、地方に住む僕たち向けのインタビュー案件なんて、滅多に出会えるものではありません(以前1回だけ見た事はありました)

アルバイトの場合、職場にもよりますが他のスタッフとコミュニケーションをとって行う仕事がほとんどです。
ほんの少しでも他人と関わる事で孤独が解消されるのだったら、多少の収入減も致し方ないでしょう。


独立する前にやらなくてはいけないこと

妻の言い分はフリーライターとして独立する前に解決しておくべき問題点でもあります。

安定収入を得なければ、生活はできません。
自分の戦略を確立しなければ、安定収入は得られません。
人との繋がりが無ければ、生きるのが辛くなるでしょう。

どれも、何も考えずに独立していたら確実に悩まされる問題です。
妻の言い分を聞いた事を機会に、僕自身もこの問題について徹底的に考えてみようかと思います。

 

Webライターは続けるよ!

ちなみに、Webライターは続けるそうです。
ただし活動規模を縮小して、アルバイトでベース収入を得ながら副収入としてライターをするという戦略ですが。


子どもが出来ると身体を動かす仕事ができなくなるし、保育所を見つけるのが困難な現実を見ると、なんだかんだWebライターを続けるのが最適解だろうという判断です。

それまでには継続案件も何社か持ってるだろうという楽観的なところもありますが、僕もその意見には賛成です。


やっていく内に、戦略は見えてくるでしょうし継続案件も増えるはず。
子どもが産まれたら、否応無しに人との繋がりもできますから、長期的に考えると上々なライフスタイルと言えるでしょう。

 

そういうわけで、夫婦そろって兼業ライターとなりますちもんさんを、2017年もどうぞよろしくお願い致します!

 

CM(終了)

ちもんさんがランサーズで寄稿者を募集しているよ(終了しました)

割と単価高いから要チェックだね!

www.lancers.jp

 

ちもんさんは公式の画像を平気で使うふとどきもの

文章講座 ライター 想うこと

f:id:sbtimon:20161212221325j:image

 

まずはこちらの記事をご覧ください。

jp.neft.asia

jp.neft.asia

いい画像使ってると思いませんか?
僕も相当気に入っているのですが、実はこの記事に使われている画像、公式サイトから引用したものなのです!

「うわっ著作権侵害だ!」
「DeNA問題とか知らないの?」

そんな風に思う方にドヤ顔で言わせていただきます!
ちゃんと使用許諾申請してるもんねー!
どこまでが引用なのか、著作権フリーの画像はどうやって探せばいいのか等、今まで曖昧になりがちだった法律上の話に注目が集まり、今後のWebメディアは本来あるべき形へ近づくと思います。
こうやって画像や引用の使用許可を得たりすることが必要不可欠になる日も近いのかもしれません。

「でも使用許諾申請ってどうやってやるの?」
「やり方分からない人のことも考えろよノータリン!」
「カミタリン!」

お、落ち着いてください!落ち着いてください!
そんなあなたのために、今回は画像の使用許可申請の方法について紹介していきましょう!

 

取材先へのコンタクトの取り方

 

まず大切なのは、先方へコンタクトを取ることです。
コンタクトの取り方は様々ありますが、僕はメールをオススメします。
相手も仕事をしているわけですから、いつ何時でも対応することはできません。
メールはいつでも見ることができるので、誰にも迷惑をかけることがないコンタクト取りにおいて最適のツールです。
推敲することも出来るので、先方に失礼がないように何度も読み返すといいでしょう。

実際のメールに書くべき内容は以下の4つです。

 

1.自己紹介
2.用件
3.どの画像を使用したいのか
4.どうして使用したいのか

 

自己紹介

まず、自己紹介です。
身分を明かさないと何もはじまりません。
得体の知れない人に使用許可を出して、あとあと面倒なことになるのは相手も得策じゃないでしょう。

 

用件

画像の使用許可の件でメールしたという用件を簡潔に伝えます。
「○○というサイトで△△という記事を書くときに、そちらの画像を載せたい」
ということをしっかり伝えましょう。

 

どの画像を使用したいのか

公式サイトで使用される画像というだけでは相手も不安でしょうから、どの画像が使用したいのかということを明記しましょう。

 

どうして使用したいのか

これ、割と重要です。
というのも、画像を貸してもらう以上は相手にもメリットが必要だからです。
dis記事に画像を提供してくれる公式はどこにもありません。
「こういう良いところを読者に伝えたい」という想いを伝えるようにしましょう。

 

メールを送ったら後は返事を待つばかりです。
返事待ちの期間は早い場合もあれば数日かかる場合もありますので、気長に連絡を待ちましょう!

 

許可を申請すると、どんなことが起こるのか

先述した内容のメールであれば余程失礼な言い方で無い限り、相手から断られることはまず無いでしょう。
しかし、それでやりとりが終わるということはほとんどありません。
許諾申請のメールを送ったら、その後はどんなことが起こるのでしょうか?

 

使用許諾申請書の提出を求められる

メールでの使用許諾を認めていない相手の場合、「専用のフォーマットに記述してください」とpdfファイルを送られる場合があります。
FAXかスキャンしたもののメールでも大丈夫なので、申請書はしっかり出しましょう。

 

校閲を申し出られる

今までの経験上、100%校閲をしてもらうことになります。
そりゃそうですよね!
間違えた情報の記事に対して画像を貸すわけにはいきません。
こちらとしても、より信頼性のある情報を読者に提供できるわけですから喜んで校閲してもらいましょう!

 

情報を提供してもらえる

言ってみればこれも取材です。
事前調査で気になっていたことを質問してしまいましょう。
また、相手から「これも紹介して」と公式ページに書かれていない情報を教えてくれる場合があります。
こちらも記事の質を上げるためには願ったり叶ったりの話です。
原稿を書き直してでも情報を受け入れましょう!

 

喜ばれる

「紹介してくれてありがとう!」
と喜んでもらえます!
クライアントも喜び、取材先も喜び、読者も喜び、自分も喜ぶ。
まさに四方得!ライター冥利に尽きるという話ですね!

 

記事がアップされたら?

校閲をクリアしたらクライアントに提出するのですが、アップしたURLはきちんと報告するようにしましょう。
貸した画像がどのように使用されたのか、相手だって知りたいはずです。
礼儀として、ちゃんとURLを送るようにしましょう。
記事の出来がよければ、拡散に協力してくれる時もあります。

 

まとめ

偉そうに説明してきましたが、僕も最初にメールを送るときは、断られたり嫌な顔をされるんじゃないかと心配になったものです。
ですが、自分たちの製品やサービスを紹介してもらえて、嫌な人はいません。
あなたも、勇気を出してコンタクトを取ってみませんか?
新しい仕事の仕方が見えてくるかもしれませんよ!