読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びっくりするほどWebライター

薄毛のWebライターが、ライティングのやり方を教えるよ!

「読まれる文章」のトレーニングについて

文章講座

f:id:sbtimon:20160110175415j:plain

物事を伝える文章は誰でも簡単に書けます。

 

ビジネスマンなら、報告書や取引先とのメールのやりとりで実際に経験しているはず。
1対1の文章や、必ず読んでもらえる保証がある文章なら、素直に伝えたい内容を順序だてて書くだけでいいのです。
そこに練習は必要ありません。
必要なのは「気をつけるべき指標」であり「相手への気遣い」です。

 

しかし、ブログや企画書、コンペ応募作品ともなると、指標や気遣いだけでは想いを伝えることは難しくなります。
そこに必要なのは、読んでもらうための工夫。
「熱い想いがあればいいんだよ!」などという綺麗ごとでは語りきれない、圧倒的な現実が僕達の前に立ちはだかるのです。

 

■プロもやってる文章トレーニング

工夫を身につけるため、先人達が実施してきた伝統的なトレーニングがあります。
憧れの人の、プロの文章を書き写すのです。
「鉄道員」や「壬生義士伝」の浅田次郎も、力のある文章力を身に着けるために川端康成谷崎潤一郎の文章を書き写したと言います。
ビジネスで応用するなら、実際に通った企画書や実力のある先輩や上司の作成した文書を書き写すと効果的でしょう。


■1歩進んだ文章トレーニング

慣れてきたら、書き写す時に文章のいいところ、悪いところを分析してみてください。
ただ書き写すだけの時より、更に力がつきます。
自分だったらどう書くかを常に考え、また、実際に書き直してみるのもいいでしょう。

 

また、気に入った表現があったら手帳に書いておきましょう。
伝える力に必要なのは語彙力、ボキャブラリー。
そのためには、実際に使ってみることです。
チャンスがあったらすぐにでも使えるように、手帳からいつでも参照できることが文章上手への近道なのです。