びっくりするほどWebライター

薄毛のWebライターが、ライティングのやり方を教えるよ!

アプリで見直しすると文章力があがるよ

f:id:sbtimon:20151229183202j:plain

ブログ見直し、やってますか?
記事を書き終わった後、投稿する前に一度読み返してみるのです。
そうすることで、誤字脱字だけでなく、論理の破綻や読むリズムの良し悪しなど推敲するべき点が見えてきます。

 

見直すことの効果については、多くの人が認識していると思います。それは、書いているときには気がつかなかった多くのことに気がつくからです。

 

かの池上彰さんも見直しの効果については太鼓判です!
そんな池上さんは、先の文を引用した「伝える力 (PHPビジネス新書)」でビジネスメールの見直しについても触れています。

ビジネスメールは、大切な取引先との連絡手段。
自分の書いた文章を客観的に読んで、誤字脱字や論理の破綻を予防する必要があるのです。

 

「読み手」の立場になって自分の文章を読むためには、どうすればいいでしょうか。
手っ取り早いのは、プリントアウトすることです。
メディアを変えると、新しい気持ちで文章に触れることができます。
今まで、PC画面で見ていたものを紙で改めて読むと、まるで他人が書いた文章のように客観的になれます。
そのため、PCで読み返すより文章の欠陥に気づきやすくなるのです。

 

さて、ブログも他人に読んでもらう以上、論理の破綻には気をつけなくてはいけません。
かといって、ビジネスメールの様にプリントアウトして読む手段はあまり推奨できません。
ブログの場合、図や写真を使ったり、文字を大きくしたり、文章間を開けてみたりと、紙やインクに優しくない数々の小技が込められていることが多いからです。
ビジネスメールのように印刷していては、紙やインクがいくらあっても足りないのです。
では、どうすればいいでしょうか。

 

端的に言うと、スマホアプリを使うことです。
メディアを変えると、客観性が産まれると先ほど書きました。
メディアをPC画面からスマホへと切り替えることで、客観的に読むことができるのです!

 

実は、僕の昨日の記事、誤字があったんです。
もし、スマホ画面で確認していなかったら、めちゃくちゃ恥ずかしい想いをしていたことでしょう。

 

PC画面で編集している人は、スマホアプリのプレビュー機能を使って、見直してみてください。
まさかの誤字や、リズムがおかしい点が見つかることでしょう!

 

 

伝える力 (PHPビジネス新書)

伝える力 (PHPビジネス新書)

 

 

伝える力2 (PHPビジネス新書)

伝える力2 (PHPビジネス新書)