読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びっくりするほどWebライター

薄毛のWebライターが、ライティングのやり方を教えるよ!

ポジショニングを考えて固定アクセスを掴み取れ!!

アクセスアップ

f:id:sbtimon:20151119214517j:plain

ブログ×マーケティングも第3回。

マーケティングというと、企業が利益を最大限にするために使われる手法と勘違いされがちですが、非営利の団体も結構やってるんですよ?

重要なのは社会に「価値」を提供すること。もちろん、それはブログにだって当てはまります!

さて、今回はターゲット設定とポジショニング。

どういった客層を狙うのか、その客層にどんな価値を提供するのかを考えていきましょう。

sbtimon.hatenablog.com

sbtimon.hatenablog.com

ターゲットは出来る限り具体的に!

マーケティングの基本は、顧客に「価値」を提供すること。

そのためには、その顧客が何に価値を感じるのかを同じ目線で考えなければいけません。

一番いいのは、大まかなターゲットを決めて、できるだけ多くの人にインタビューをすることなんですが、ブログでこれはちょっと難しいかもしれません。

そこで、仮想ターゲットを作り出すのです!

仮想ターゲットは1人でいいです。その代わり、出来る限り具体的にプロフィールを設定してください。

性別、年齢、職業、会社での立ち位置、友人関係・・・考えうる限りのプロフィールを作ったとき初めて、その人が一体何に価値を感じているのかを考えることができるのです。

今回は、その仮想ターゲットの名前をよしこ(仮)としましょう。

よしこ(仮)にどう思われたいか!

ポジショニングとは、相手が何に価値を感じるかを理解した上で、どういうアプローチをするのかを考えることです。

今回の場合、よしこ(仮)が何に価値を感じるのかを理解して、よしこ(仮)にどう思われたいのかを考えるのです!

よしこ(仮)以外の人のことは考えないでください!よしこ(仮)のためだけのブログを作るのです!

この時、「どんなブログなのか」を「一言」で説明できるようにしてください。

一言で具体的に説明できれば、読者に理解もされるし、何より自分の指標にもなるからです。

ブランド化のための3つの「i」

ポジショニングを考えると、ブランド化が進みます。

しかし、単純にポジショニングを決めるだけでは、ブランディングは上手くいかないでしょう。

ブランディングのためには3つの「i」を意識することが大切です。

  差別化された切り口であること

  • インテグリティ

  言ってることとやってることが一致していること

  • イメージ

  顧客の頭じゃなく心をゲットすること

特に2つめのインテグリティをしっかりやらないと、悪評が悪評を呼び、あっという間に廃れてしまうので注意しましょう!

よしこ(仮)の「何」になりたいか!

よしこ(仮)は恋に仕事に頑張るアラサー女子。

だけど、最近素敵な出会いとご無沙汰で、だんだんオヤジ化進行中!

すっかり女子力も落ちちゃった!

キュンキュンできる出会いがあったら、女子力も復活するのに!




・・・・・・突然何を言い出したかと言うと、よしこ(仮)のプロファイリングです。

彼女は、女子力に価値を感じていて、それを得る手段としてキュンキュンしたがっています。

そんな彼女のためのブログを作るとしたらどうしますか?

例えば、よしこ(仮)の「恋人」としてのブログというポジションはどうでしょうか?

甘酸っぱい体験談や短編小説を掲載して、彼女にキュンキュンしてもらう。

そんなブログと出会えたら、よしこ(仮)も女子力を取り戻せるでしょう!

あくまで、例えばの話ですが具体的に方向性を示すことができれば、迷わずに進むことができます

ポジションが決まったら、言ってることとやってることを一致させるように更新を続けるだけ!

地味に難しいですけど、これができたらコンテンツはとんでもなく強化されますよ。

あなたも自分のブログが読者の何になりたいか考えてみてはどうですか?

次回は、いよいよプロモーション!まだ何を書くか決めてないですが、わかりやすく説明できるようにがんばります!

コトラーが教えてくれたこと 女子大生バンドが実践したマーケティング

コトラーが教えてくれたこと 女子大生バンドが実践したマーケティング

マンガでやさしくわかるコトラー

マンガでやさしくわかるコトラー

あわせて読んでみてね!

sbtimon.hatenablog.com

sbtimon.hatenablog.com