読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びっくりするほどWebライター

薄毛のWebライターが、ライティングのやり方を教えるよ!

発祥の店で食べる横手やきそばは堪らないね

旅行記 秋田
f:id:sbtimon:20150829181405j:image
秋田旅行編第3弾は横手やきそば
独特の甘いソースと半半熟の卵を太くまっすぐな麺に絡ませて食べる、B級グルメの代表選手!

その発想は、意外にも屋台のお好み焼き屋さん。
終戦直後、横手市で屋台のお好み焼屋さんを営んでいた男性が、お好み焼き用の鉄板を用いた新たなメニューを模索したことが始まりと言われています

その後、横手やきそばは主に駄菓子屋で販売され大好評!
横手市ソウルフードとして、50年以上も親しまれてきました。

そんな横手やきそばの発祥の店、神谷は国道13号線から1本奥に入った通りにひっそりとたたずんでいます。
駐車場がしっかりしているので、車で来た方もニッコリ。
メニューは、もちろん横手やきそばだけ!
肉とホルモンの2種類から選べます。
サイズは、並、中、大、Wの4種類。
Wはなんと、麺も具材も2倍の大判振る舞いです!

僕のオススメはもちろんW!
横手やきそばの大きな特徴である、半半熟の卵をこれでもかってくらい絡ませて食べるのが最高に美味しいんです!

車で行く場合、国道沿いの看板は見えづらいので、高速から降りて右に曲がって、踏切を渡ったところの電柱の看板に従った方がわかりやすいかも!