読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びっくりするほどWebライター

薄毛のWebライターが、ライティングのやり方を教えるよ!

秋田で素敵な小料理屋に出会った話

f:id:sbtimon:20150828182601j:image
この世に生を受けて三十数年。
およそ小料理屋と呼ばれるような小粋なお店には縁のない生活をしてきました。
しかし、秋田旅行中にふらりと立ち寄ったお店が、いわゆる小料理屋だったので、僕の小料理屋デビューは知らない土地の小料理屋ということになります。

秋田市の中心部にある市町村会館。
その地下一階にそのお店はありました。

「あきた食彩 館」

気さくな女将さんのいる素敵な小料理屋です。

普通の定食屋だち思って入った僕だったので、まずメニューがなくてびっくり。
そんな浮き足立った僕へ「予算1500円くらいでお作りいたしますよ」と女将さんはさりげなくフォロー。
僕は、この段階ではじめて、ここは小料理屋なんだなと認識しました。
初めての小料理屋に、今更ながらテンションが上がります。

料理が来ると、さらに気持ちが盛り上がります。
f:id:sbtimon:20150828201613j:image
プリプリのお刺身と鯖の味噌煮、杜仲豚の冷しゃぶと秋田の食材をふんだんに使った和定食は、僕の胃袋を十二分に楽しませてくれました。
はじめての小料理屋は、秋田にまた来るための素晴らしい「いい訳」になりました。

面白かったのは、しきりに「おかわりもたくさんありますよ」と勧めてくれた女将さん。
僕は、かなりの食いしん坊に見られていたようですね。

ちなみに、お昼は普通の定食屋みたいなので、気軽に入れますよ!