読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びっくりするほどWebライター

薄毛のWebライターが、ライティングのやり方を教えるよ!

【図解】外出先からスマホでランサーズの完了報告を行う方法は?

f:id:sbtimon:20170517183226j:image

ランサーズを使っていると、旅行中や外出先でもクライアントから色々な連絡を受けることになります。

メッセージのやりとりなら、スマホでも可能なのですが、プロジェクト内容の変更承諾や完了報告をしなければいけない時が問題です。

実は、スマホページからは計画管理ページに飛ぶことができないのです。

こんな問題があるため、完了報告をする可能性があるタイミングで外出ができずスケジュール調整に苦労している方もいるのではないでしょうか?

 

この記事では、ランサーズ初心者の方が悩みがちの、スマホから完了報告を行う方法について解説します。


締め日は今日なのに、旅行先で完了報告できない恐怖!?

 

実は僕も、外出先で完了報告ボタンを押せなかったことがあります。

 

以前、僕はランサーズのスマホ専用ページから完了報告をすることができると完全に思いこんでいました。

そんなわけで、締め日直前の15日に旅行を計画し、当日、クライアントさんに記事を提出。

完了報告はクライアントさんからOKが出てから行おうと思い、旅行に出発してしまいます。

 

クライアントさんから一発OK。

「ぎりぎりで締め日に間に合った」と思った僕は、完了報告ボタンを押そうとランサーズにアクセスします。

しかし、実際はスマホページからはどうやっても完了報告のページへ飛ぶことができません。

PC版のページを開けばいいんだと閃いたのですが、そこから提案した仕事のページへ飛ぶと、なんとスマホ版のページへ逆戻りしてしまうのです!

 

これにはちもんさんも大弱り。

結局、締め日を過ぎ、旅行から帰ってから自宅のパソコンで完了報告を行うことに。

次の月の上旬はお金が足りなく、ひもじい思いをしてしまいました。

 

スマホでもPC版ページ見れるんだから完了報告くらいなんとかなるだろ」と高をくくっていたのが敗因だと言わざるをえません。

というか完了報告は撤回できるんだから、押してから出かければ良かったです!

 

とはいえ、もしもクライアントさんの都合ですぐに完了報告をしなければいけなかったりする場合、外出先ではどうしたらいいのでしょうか?

ネットカフェに入る?

いえいえ、もっとカンタンな方法があるのです!


本当はできる!外出先から完了報告する方法!

 

さて、ここからは外出先でスマホからランサーズのプロジェクト完了報告を行う方法を解説します。

ランサーズのスマホ専用ページからは、プロジェクトの完了報告ボタンを押すことができませんから、とりあえずPC版のマイページに飛ぶことにしましょう。

 

 f:id:sbtimon:20170517183249p:image

 

これがスマホ専用のマイページです。見たことある方も多いのでは?これを一番下までスクロールすると…?

 

f:id:sbtimon:20170517183303j:image

 

ありました。一番右下にPC版へ飛ぶリンクがあります。これをタップすると…?

 

f:id:sbtimon:20170517183330j:image

 

おなじみ、PC版のマイページへ飛ぶことができます。ここで、左カラムの仕事管理を押してしまうと、スマホ版のマイページへ逆戻りしてしまうので、

 

f:id:sbtimon:20170517183351j:image

 

この丸で囲ってある部分をタップしましょう。すると…?

 

f:id:sbtimon:20170517183416p:image

 

このように選択画面が登場します。そこで計画管理を選択すると…!

 

f:id:sbtimon:20170517183429j:image

 

じゃん!完了報告ボタンがあるページの登場です!

このオレンジのボタンを押すとプロジェクトの完了報告をすることができます!これで、締め日直前でも旅行の計画が組めるってものです!

え?修正依頼が来たらどうするのかって?

ネカフェ行けよ!


ランサーズさんが対応してくれる日を待ちながら

まぁここまで解説してきましたが、これってランサーズが対応してくれたらなんの問題もない話なんですよね汗

新しい戦略を次々と打ち出してくる姿勢はスゴいんですけど、現在の不具合を修正する対応がちょっぴり遅いのがランサーズの弱点。

個人的には、いい加減クラウドワークスみたいに専用アプリ出して欲しいのですが、クラウドソーシングという働き方の形が安定してくるまでは、攻めの姿勢を貫くのでしょう。

 

とりあえず既存ユーザーの僕としては、新しい働き方を確立するために一層努力をするだけです。

だからお願いランサーズくん!手数料もっと安くして!